大分県日田市にある精神科・心療内科の奥村日田病院

院内感染対策指針

当院内感染対策に関する基本的な考え方

当院はすべての方に対し、親しみ、慈しみを持って接する医療を基本理念とし、信頼され安心できる医療を提供しなければならない。患者を脅かす感染症の発生は未然に防止し、感染症が発生しても広げない様速やかに原因を究明し、終息させることを重要と考える。全職員が院内感染防止対策の意味を理解し、安全な医療の提供が実現できるよう積極的な取り組みを行っていくものとする。

院内感染対策に関する管理組織機構

院内感染対策委員会  
当院で発生する感染症に関する組織的対策及び予防に関し必要な事項を協議するため、病院長を委員長とし、関係各部門責任者及びその他の構成員からなる院内感染対策委員会を設置する。
毎月1回定期的に会議を行い下記の事項を審議する。また、緊急時は臨時に委員会を開催する。

【院内感染対策審議事項】

(1)院内感染防止対策に関すること。
(2)院内感染症(MRSA・緑膿菌・インフルエンザ等)患者の取扱いに関すること。
(3)抗生剤の使用状況の検討に関すること。
(4)院内感染防止等に関する職員の教育・研修
(5)その他必要と認められる事項

職員研修に関する基本方針

(1)全職員対象に年2回以上の院内感染対策研修会・講習会を実施する。 また、院外研修会への参加の推進を図る。 
(2)その他、必要に応じ感染対策委員会が中心となり、勉強会等を実施し各部署へ伝達・教育を行って行く。

感染症の発生状況の報告に関する基本方針

院内で発生した感染症の発生状況や原因に関するデータを継続的かつ組織的に収集して、的確な感染対策を実施する。委員会は、必要に応じ、院内ラウンドを行い、取り組みの確認・対策の評価・指導などを行う。

感染症の発生状況の報告に関する基本方針

(1) 院内感染が発生した場合は、部署責任者が感染対策委員長に報告し、別紙の緊急連絡表をもとに連絡する。必要に応じて感染対策委員会を開催し、原因の究明、改善策の立案・実行を行う。
(2) 医療に関する法律に規定される診断及び届け出は、基準に従い担当医師が行う。

感染症の発生状況の報告に関する基本方針

(1)当院ホームページに感染対策指針を掲載し、患者又は家族にも閲覧できるようにする。
(2)患者・家族等へ疾病の説明とともに、理解を得た上で感染対策に協力を求める。